小論文・レポートの書き方 パラグラフ・ライティングとアウトラインを鍛える演習帳

小論文・レポートの書き方 パラグラフ・ライティングとアウトラインを鍛える演習帳 (人の森の本)」という本を出版しましたが、アマゾンでの販売を開始したところ、平均して毎日一冊ずつ売れています。

この本、書店への流通は全くしておらず、自社サイトとアマゾンでの販売のみです。

アマゾンでの販売は「アマゾンe託販売サービス」というものを使っています。「アマゾンe託販売サービス」はISBNさえ取得していれば、自費出版本でも販売することが可能です。

ただし、出版社の利益は6掛けしかなりません。つまり、2千円の本を出品したら、売れた時の収益は1200円。アマゾンまで送る費用も掛かりますから、実際の利益はさらに小さくなります。

これが何を意味するかと言うと、本の製作費を抑えない限り、「アマゾンe託販売サービス」を使っての利益確保は難しい、ということです。製作費の高い重い本を作ると、製作費や送料がかさみます。「アマゾンe託販売サービス」から「何冊納入せよ」という指示が来ますが、下手をすると「一冊送れ」と言われてしまいます。一冊ずつ送っていたら、送料もばかになりません。

幸い「小論文・レポートの書き方 パラグラフ・ライティングとアウトラインを鍛える演習帳」は比較的薄い本で、納入も5冊ずつとかまとめてできていますから、採算ラインよりは上で、出品してから1か月間推移することができました。

「アマゾンe託販売サービス」は便利な機能ではありますが、気を付けないと利益を確保することは困難になりますね。

国立国会図書館で著者名検索

先日、自社から出版した「小論文・レポートの書き方」の本が国立国会図書館で登録されたかどうか調べるため、国立国会図書館のサイトで著者名で検索をかけてみました。

http://iss.ndl.go.jp/books…

すると、思ってもいなかった過去に専門誌に投稿した記事まで検索結果に表示されました。一方で、共著の本は一冊を除き表示されません。

どうやら、単行本などは表紙に著者、訳者、編者などとして名前がない限り検索結果には出ないのが原則で、論文や記事などは掲載された雑誌単位ではなく、論文・記事単位でデータが収録されているようです。一方、今はやりの電子書籍は一つも登録されておらず。

国立国会図書館のデータベースは、いわば日本の本のデータベースと言って良く、そのデータは書店や本の流通にも使われています。著者名が検索結果に出るかどうかはとても重要ですから、今後の本作りの参考にしようと思います。

Amazon Kindle用電子書籍で評価が星ひとつ?

Amazonで販売しているKindle用の電子書籍。ある時を境にほとんど売れなくなってしまいました。特に売上が減って困ることもないので気にせずにいましたが、先日ふと見てみると、評価が一件、星ひとつのものだけ。

内容を読んでみると「ダウンロードしたけど、システムが違うと出て読むことができない」ですと。

これ、本の内容への評価に全然なっていません。システムの互換性の問題で評価に星ひとつを付けられたのでは、ほとんど営業妨害です。

アマゾンの方には「不適切な評価である」と通報しておきましたが、はて、いつ解除されることやら。

ただ、私の知人もKindleのダウンロードを試みてうまく行かなかった、と言っていましたから、結構わかりにくいシステムなのかもしれませんね。

LINEスタンプその後

私の周囲には他にLINEスタンプの製作者はいなかったのですが、先日偶然お一人お会いしました。

聞いてみると「今までの売り上げは数千円どまり」だそうです。

やはりそうか、という感じ。

LINEスタンプが登場した当初大きな利益を出した人のニュースが流れましたが、そのあと参入した人のほとんどは、まとまった利益を上げられていないことがわかります。

今後LINEスタンプにエントリーしてまとまった利益を上げようと思ったら、非常にファンの多いひとがやるか、何かの大規模なイベントに合わせて公式キャラクターでも売り込むか、といったような戦略が必要でしょうね。

Google翻訳でLINEスタンプにタイ語などを追加

自作のLINEスタンプがタイで結構使われているのを発見し、タイ語でLINEスタンプのタイトルや説明ができないかと思いました。

残念ながらタイ語ができる知人もいないので使ってみたのがGoogle翻訳。タイトルや説明文を単純な英語で準備し、Google翻訳のサイトでタイ語に変換。それをLINEスタンプのマイページで言語の追加を行いました。

LINEの審査をする人の中には当然タイ語ができるスタッフもいるでしょうから、さて、審査を通るかどうか。待ってみましょう。

LINEスタンプを海外へ

当たり前のことながら、インターネットですから、LINEは世界中でサービスが提供されています。日本で登録するLINEスタンプは、当然日本人が一番買って使うだろうと勝手に思っていましたが、実際はさにあらず。

LINE国別利用

上のグラフを見ていただければわかりますが、当方で作っているLINEスタンプの一つが、どこの国で使われているかを示すものです。このLINEスタンプは日本よりも圧倒的にタイや台湾で使われていることがわかります。つまり、タイや台湾の人たちの方が多く買っている可能性が高い、ということ。

別のLINEスタンプは日本での利用の方が多いですから、やっぱりキャラクターなどの好みが文化によって異なる、ということでしょうか。

となると、最初から海外の市場を狙ってLINEスタンプのデザインをする、というのが有効だと思われます。では、海外でうけるキャラクターは…というと、どうやって調べたら良いのかわからないのですが。

LINEスタンプが販売されるルート

前回不思議とLINEスタンプが売れ続けている話を書きました。有名なスタンプ作家でもないですし、どこかで紹介されたりとか、検索結果の上位に出たりとかもありませんから不思議に思っていました。

最近LINEスタンプのマイページを見ていると、Statisticsというメニューができているのに気が付きました。日本語では統計情報。

LINE統計
LINE統計

統計情報の中にはさらに sent(送信スタンプ数)とreceived(受信スタンプ数)というデータがあります。最初は意味が良くわからなかったのですが、送信スタンプ数というのは誰かスタンプを購入した人が実際にLINE上でスタンプを使って送信した回数。受信スタンプ数は、もちろん、そのスタンプを受け取った回数でしょう。

つまり、スタンプがLINE上でやり取りされている限りは、スタンプを受け取った人が、そのスタンプを目にして、購入するチャンスがあるということ。

となると、差別化を考えてあまり奇をてらうデザインのスタンプを作るよりも、使って貰い易いスタンプをデザインして行く方が良い、ということかな。

LINEスタンプ売れ続ける

さらにLINEスタンプのお話。前回売れなくなってきたと書きましたが、売れ行きがゼロに落ち込むかと思ったらそうでもなく、超低空飛行ではありますが、ぽつぽつと売れ続けています。

最近できた統計機能をLINEスタンプのマイページで見てみると、少ない日は10件、多い時には150件の訪問者があります。

地域別では日本が断トツではありますが、それに続くのはタイ、台湾そしてインドネシア。

うーん。もうちょっと頑張ってみようかな。

LINEスタンプは売れるか?

LINEスタンプを作って売ってみましたが、利益への道はやはりなかなか厳しいようです。報道によると、LINEスタンプを作って1千万円売りあげた人もいるとか。でもそのような人は、まずスタートダッシュでライバルも少ない間に駆け抜けていると思います。

現在既にLINEスタンプの数は1万近いと思われます。要はLINEユーザーは同じようなスタンプを使うことなく、選ぶことができるということ。いくら人気のスタンプでも、友達全員が同じようなものを使っていたら興ざめでしょうから、ある程度売れたら、売上はぐっと下がるのではないかと思います。

初期の頃に販売額上位にあったLINEスタンプの順位を調べてみましたが、かなり下がっていました。それでも私のスタンプよりは随分上ではありますが…

と言うわけで、私の売り上げ公開。

LINE売上

緑のラインは2014年8月に販売開始になったもの。開始直後に少し売れて、その後はあまり売れないことがわかります。オレンジ色のラインは6月に販売になったもので、こちらはポツンポツンとしか売れていません。販売2ヶ月でこのありさまです。

LINEスタンプは利益の合計が1万円を超えないと報酬が支払ってもらえませんから、大人気のスタンプを放てない一般人には、支払ってもらえる基準をクリアするだけでも一苦労だということがわかります。

LINEスタンプの売上

複数のLINEスタンプを作成し、販売しているのですが、利益は月に千円から2千円といったところ。要はまともな利益になっていない、ということですね。予想はしていましたが、数千登録のある中で埋もれてしまっているのでしょう。

売れている人はどれくらい利益を出しているのかと、検索してみましたが、さすがに利益を公開している人はほとんどおらず、見つけたのがとあるブログ(現在は既にありません)。2014年5月8日から14日の利益が公開されていました。当方の1ヶ月分以上を1日で稼いでいますね。

でも、5月と言えば、LINEスタンプの一般公募分の販売が始まった当初の頃ですから、登録されていたスタンプの数がまだ少なかったことも考えられます。つまり、スタートダッシュで利益をあげた可能性もある、ということですね。

いずれにしろ、このブログの制作者のLINEスタンプの売上でも、それだけでは生きていける金額ではありませんから、LINEスタンプの売上を収益の柱にするのはかなり厳しい、ということでしょうか。

当社の場合、二つ目のLINEスタンプが発売になったら、それと反比例するかのように一つ目のLINEスタンプの売り上げがぐぐっと落ちてしまいました。理由はさっぱりわかりません。