DVD「録画用」と「データ用」の違い CPRM対応って?

我が社では自社で開催したイベントの動画を編集してDVDを焼いています。作成したDVDは無料で配布することもあれば販売することもあります。動画を入れるのだから当然「録画用」DVDが必要なんだろうと思って、録画用DVDを購入していました。

ところが最近、DVDがうまく焼けず、原因をいろいろ調べていました。動画編集ソフトの問題か、DVDドライブの問題か、あるいはDVDメディアの問題か。その中で知ったのが、DVDメディアの違い。

まず「録画用」と「データ用」のDVDは基本的に同じもの!つまりラベルが違うだけ!一般的に価格は録画用の方が高いですが、これは「私的録画補償金」というものが価格に上乗せされているため。

じゃあ、私的録画補償金とは何かと言うと、テレビ番組などを録画した場合の著作権利用料を、あらかじめDVDの価格に上乗せしているようなもの。法律で決まっているのだそうです。

逆に言えば、自分で撮影や編集して作成したビデオ、つまり著作権を自分で持っているものは、録画用DVDに焼かなくても良い!むしろ録画用DVDを使っていたら、無駄な出費をしている!ということになります。

そして何と、自分が権利を持っている動画を録画用DVDに焼いたりした場合、私的録画補償金を返還請求できるのだとか。我が社はほとんど自主制作の動画ばかりですし、不調のため焼きそこなったDVDもたくさん。もっとも多くは既に捨てちゃいましたが。じゃあこれをまとめて保証金返還請求したら…と思ったら、DVD一枚2円だそうで、100枚集めても200円。手間賃の方が高いですね。

ついでに調べたのが「CPRM対応」の録画用DVD。CPRMに対応しているってどういうこと?と思ったら、これはデジタル放送の番組の録画に使えるかどうか、だそうです。CPRM対応のDVDでない限り、地デジや衛星放送などのデジタル番組は録画できません。

「CPRM対応」というのは要するに動画の著作権保護の手段である、コピーワンスやダビング10に対応したDVDである、ということの証明。VHSビデオをDVDに落とす場合などは、「CPRM対応」である必要はない、ということ。

なるほど。これでどのDVDを選んだらよいかかなりわかってきました。それにしても、DVDがうまく焼けないのは困ったなあ。