『スティーブ・ジョブズ1・2』も電子版は約4万部

ある新聞社のホームページを見ていたら、「紙の本が100万部突破の『スティーブ・ジョブズ1・2』も電子版は約4万部」という記事がありました。

スティーブ・ジョブズを読む人ならiPhoneとか持っていそうで、電子ブックを読む環境もありそうなものですが、それでも電子版が出た数は紙の本の約25分の1。「まだそれくらいなんだ」というのが正直な感想。

まあ僕自身、楽天KOBOを購入したものの、無料の本ばかり入れてあって、読みたい本が見つからなかったこともあって、まだ一冊も電子ブックを購入していません。今来ている海外出張には紙の本は10冊以上持ってきたのですが。(ちなみに楽天KOBOサイトが海外から使えない話はこちらに掲載してあります)。

翻って、自分が作って販売している電子ブック。Pubooでも売っていて、どちらもあまり売れませんが、でも上の比率をあてはめると、4冊売れていたら紙の本で100冊換算。自費出版本と考えたら、これくらい買って貰えたら悪くはありません。

とは言っても、いくら電子ブックの方が利益率が高い、と言っても、これくらいの販売数ではご飯は食べられません。スティーブ・ジョブズの電子版の利益が一冊500円とすると4万分で2千万円ですから、いずれにしろこれくらいのベストセラーを出さないことには、紙の本であれ電子ブックであれ、生活するには不十分、ということですね。